ビスコの時間だよ!!!

主にスマホゲーのことになりそうですな

【バイト体験記】レンタルビデオ屋と焼肉屋 大学生編 

 
ラーメン屋のバイト辞めて
 
「金がない、金がない」
 
「大学生で、遊びたいのに金がない」
 
うーん、どうしたもんかね
 
ってか、また近場でいいとこないかなー
 
でももう、なかなかないんだよなー
 
ってか、大学生なのに高校生に教えてもらうとかちょっと嫌だなー
 
 
やっぱラクだったし、あのまま続けてればよかったぁぁぁ!!!
くっそぉ!!!
 
ってなってた、
 
そんな中で僕が探し当てたのは
 
レンタルビデオ屋のGEO!!!
 
 
 
レンタルビデオ屋のGEO
ラクさ ★★☆☆☆

f:id:isozaki789:20180601212237j:plain

 
映画とか安く借りれそうだし、
ひょっとしたらゲームとかも安く買えちゃうかも!!
っていう動機。
 
自宅から徒歩20分弱という通えるか通えないかよくわかんない距離だった
 
紹介じゃなかったけど、面接に合格できてバイトすることに。
 
先に書くと1ヶ月かそこら辺で辞めた
なのでやってたことはくっそ単純!
 
返却されたDVDとCDをひたすら棚に戻すって作業をやってた!!!
 
あ、あと漫画もあったな。
 
つまんなかった!重かった!!
 
僕が思い描いてたのは、レジに立って、
「しゃいませー!こちら1本のレンタルですか?(おっさん!wそんあAV借りるの)」
「しゃいませー!当日の返却ですかぁ?(ふーん、こんなの見るんだ)」
 
とかやりたかった
 
 
話しを元に戻すと、
DVDとCDをひたすら棚に戻す作業は意外と大変だった、
 
DVDを30本とかもってあるべき場所に返していくんだけど、
基本的各コーナーを行ったり来たりすることになる
 
極端に言うと、ハリーポッター(ファンタジーコーナー)返してダイハード(アクションコーナー)返してハリーポッター(ファンタジーコーナー)返して...ってなる
 
そんな中でもやばかったのが、AVの返却
 
働いてるスタッフは女性が多かったので、
 
「これは、ビスコ君に戻してもーらお♪」
 
って感じで僕が出勤するまで溜めてたりしてた
 
「戻してもーらお♪」じゃねーよっ!
 
嬉しくねーんだよ、AVの返却なんて!!
 
って思ってたけど、バイト初めて2週間後くらいもすると、
 
「お、おはよう!じゃ、これ戻してね♪」
 
 
エロDVDの山ッ!!!
 
てな感じで、完全に
 
ビスコ=AV戻す人
ってなってた
 

f:id:isozaki789:20180601213158j:plain

イメージね
 
AVは、けっこうマニアックなものを借りる人も多かった
マニアックなものって棚の一番下とか意味わかんないとこに置いてあるから戻しずらかった。
 
あと、AVコーナーってけっこう「ドゥフフw」なひとが多いと思ってたけど、
意外と新卒みたいなサラリーマンもちょこちょこいた
 
 
また、ちょっと気まずいのが、AVコーナーに長くいることが多くて、
 
「僕、バイト仲間にどう思われてるんだろう...」
 
っていう感じで気にしたことがあった
 
 
特段面白くなかったバイトなので辞めてやった
 
確か辞めた日はあめが降ってた
 
 
 
 
焼肉屋(チェーン店)
ラクさ★★☆☆☆

f:id:isozaki789:20180526081534j:plain

GEO辞めて、
 
使えるお金もないのに呑気に友達と遊んでた僕は
松屋で牛丼の並盛食べてた
 
そしたら、中学の同級生だったT君が彼女と松屋にたまたま来た
 
あまり中学では仲良くなかったけど、すぐに話しかけた
 
 
「ねぇ、ねぇ、いまどこでバイトしてるの??」
 
「え、〇〇の焼肉屋だけど...w」
 
「え!!!紹介して!!!w」
 
ちょっと、面食らい気味T君だったけど、いいよって快諾してくれた
 
家から徒歩5分っていう素晴らしい通勤時間と一刻も早くお金を補充したかったので
 
 
「え!!面接すぐがいいんだけど!すぐっ!すぐっ!すぐっ!!」
とか言ってた
 
「お、うん、がんばるわぁ」
か言いながらT君は彼女とイチャイチャしてた、
 
で、焼肉屋で働くことになった
 
ここも地元の先輩が多く働いてるとこで顔見知りが多かったのでなじみやすかった
また、珍しく同年代で顔見知りも多かったのでやりやすかった
 
 
.......うそ!!!
 
同年代の女の子に避けられてて最初は少し大変だった
 
 
あ、最初だけな!
 
本当に1~2ヵ月程度の最初のうちだけな!!
 
シフト表とかみて
 
(あ、やべ、今日、〇〇いるじゃん...)
とか1回もおもってないからな!!!
 
本当だよ!!!
 
 
仕事内容は
キッチンでお肉を盛りつけたりとかタン切ったりとか、クッパとかサラダとか作ったりしてた
 
そのおかげで、カルビ、ハラミ、ロースとか肉の見分けがつくようになれた!
 
タンって基本的にスライサーっていうもので切っていくんだけど、
これで指切ったこともある、アレ超危険、マジで
 
あの時は、少し涙出てきた
 
あ、書いてたら焼肉食べたくなってきた
 
印象的な出来事として、
 
そこの焼肉屋は、チェーン店なので、肉とかグラムで測って出してたんだけど
(1人前は~グラム、2人前は~グラムって具合)
 
バイトリーダー(w)に、なぜか急に目の敵にされたことがあった
 
具体的には、僕が盛りつけた分だけお客さんに運ぶ前にわざわざ重さを計ってるの!!!
 
「おい!これ、~グラムじゃねーじゃん!!やり直し!!!」
(皿投げ、ガシャーンッ!!)
 
 
とかされてた、
 

f:id:isozaki789:20180601213718j:plain

 
「!?」
 
 
 
本気で殺意湧いたけど、いや、本気で殺意湧いて
その時だけは、武丸みたいになった
 
 
 
ちなみに武丸みたいになっただけで、なにもしなかった
 
 
 
あとあとあと!!
 
タレか塩のどちらかの味付けがあるんだけど、これ言われたのはタレのときのみ、
 
つまり、
肉の重さにタレの重さが加わってただけのお話しだよねぇぇぇ!!!!!
 
 
後日、見かねたサブバイトリーダー(w)
 
このことをバイトリーダー(w)に指摘してバイトリーダー(w)は
 
「お、おう!わかってたけどちゃんとやってほしくて~~」
とか言ってた
 
.....
 
自分が間違えてましたって、一言いってほしかった
 
バイトリーダー(w)とは、後々すごく仲良しになって色んなとこに連れてってもらったし、たくさんおごってもらった、
楽しかった、バイトリーダー(w)は良い人だった
 
 
 
ここもけっこう続いた!
 
人が良くて楽しかった!
1年半くらいかな、
 
ただ、ふとした瞬間に面倒になって辞めた
 
辞めたのは、大学2年生のときのことだった
 
 
おしまい
 
 
高校1年生編